リウマちーむ

2024.03.01

●ーRA(7) これが変形性関節症だ! 関節リウマチとのチガイ

  • 関節の痛みや腫れを訴える患者さんをみたときは、関節リウマチ(RA)以外に●-RA(3)の表に示した病気を考える必要があります。
  • 特にその中で頻度の高い病気が変形性関節症(OA)です。
  • 変形性関節症は、軟骨がすり減ってしまい、代わりに骨に骨棘などの増殖性変化がみられる病気です。
  • 加齢に加えて、長期間の関節への荷重や関節を頻繁に動かすことがその発症の原因とされています。手指だけでなく、膝(変形性膝関節症)、肩(変形性肩関節症)などにも発症します。
  • 写真BとCのように指の関節には、指先からDIP、PIP、MCPという名称がついています。
  • 変形性関節症では主にDIP関節が侵され、写真BとCのようにDIP関節に骨棘ができて変形がみられるようになります。
  • 変形性関節症はPIP関節にみられることもあり、写真AのようにDIP関節の病変をへバーデン結節(①→)、PIP関節の病変をブシャール結節(➁→)と呼びます。

  • 関節リウマチ患者の手です。
  • 主にPIPとMCP関節(手首にも)に腫れがみられ、DIPは侵されにくいのが変形性関節症と異なります。
  • また、矢印のようにPIP、MCP、手首の腫れの本態は、関節滑膜の炎症であることから触ると柔らかく腫れているのが特徴です。
  • 関節リウマチのこの腫れは、変形性関節症と違って破壊と変形に進行していくことが多く、早期の治療が求められます。
2024.02.27

●-RA(6) 関節リウマチの治療【3】

2024.02.24

●-RA(5) 関節リウマチの治療【2】

2003年に点滴製剤として初めて生物学的製剤(bDMARDs)が登場したときは、その劇的な関節炎に対する効果に驚愕したものでした。
 その後年々治療薬の種類は増加し、2024年2月現在は左図のようになっており、皮下注射製剤が主流になっています。
 分類としては、TNFというサイトカインを阻害する抗TNF薬とIL-6というサイトカインを阻害する抗IL-6薬、そしてT細胞抑制薬になります。
 このような多種類の製剤の中から、それそれの患者さんに最適のものを選択することになりますが、うまくいけば関節リウマチの関節炎を寛解に持っていける可能性があります。

2024.02.21

●ーRA(4) 関節リウマチの治療【1】

2024.02.17

●ーRA(3) 関節リウマチの診断

関節リウマチの診断について

2024.02.15

●-RA(2) 東洋病院リウマチ専門医の紹介

・リウマチ専門医の詳細は、「診療科について」→「リウマチ膠原病内科」をご覧ください
・診療日が変更されることもあるので、電話で確認し診察を予約されることをお勧めします

2024.02.12

●-RA(1) 目指せ、寛解!

関節リウマチという病気は治療が遅れたり薬が十分効かないと関節が破壊され、日常生活に影響を及ぼす病気です。ただ、早期に有効な治療薬を投与することでその進行を抑制し、関節リウマチを完全に抑制し進行しない状態(寛解状態)に持っていくことができます。そのためには、薬だけでなく日常生活管理、運動やリハビリ、食生活なども重要になってきます。東洋病院では、4名のリウマチ専門医とともに、リウマチ相談員、看護師、薬剤師、理学・作業療法士、MSW、介護士、事務職員といった多職種がチームとなって、東洋病院リウマちーむとして患者さんの寛解に向けた治療とケアに取り組んでいます。
関節リウマチの進行によって、関節は「腫れて痛い」から「破壊と変形」に変化していきます。写真のように腫れているだけの時期に適切な薬を投与することで寛解に持っていくことが可能です。

関連施設

東洋鍼灸センター東洋鍼灸センター

  • 東洋病院通所リハビリテーション
  • グループホーム千寿園
  • ショートステイ幸鈴園
  • サービス付き高齢者向け住宅幸鈴園
  • 東洋病院 在宅ケアセンターヘルスパーク