ブログ

2024.04.11

●-RA(13) 関節外病変(その2) 間質性肺炎

  • 間質性肺炎は、肺の間質という肺胞の壁の部分に炎症が起きる病気です。
  • 関節リウマチ患者の10-30%に発症するとされており、労作時息切れ(息苦しさ)が自覚症状としてみられます。
  • 間質性肺炎の診断には聴診所見や画像検査(胸部X線やCT検査)が必要です。
  • 進行するタイプでは患者の生命予後に関わる合併症となります。
  • 少量のステロイド薬や免疫抑制薬が有効な場合もありますが、その治療には専門的な知識が必要となります。
  • 間質性肺炎の程度によれば、関節リウマチの治療薬であるメトトレキサートが使用できなくなるなど、治療に制約が生じることがあります。
一番上に戻る
TEL.088-632-7777メールでのお問い合わせ

関連施設

  • 東洋病院通所リハビリテーション
  • グループホーム千寿園
  • ショートステイ幸鈴園
  • サービス付き高齢者向け住宅幸鈴園
  • 東洋病院 在宅ケアセンターヘルスパーク